テレワーク・在宅勤務を英語で?関連会話をあわせて紹介

新型コロナの感染拡大により、新たしい働き方が広がっていますね。
オフィスや通勤での人との接触を避けることができ、
感染予防につながることから、【テレワーク・在宅勤務】が注目されています。
僕の会社でもテレワークが導入されています。
僕の経験を紹介しつつ、英会話で使っているフレーズを紹介していきます。

この記事は?

・オンライン英会話での会話のネタに
・身近なフレーズの英語表現が気になる方へ

目次

在宅勤務・テレワークとは?

テレワーク

情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を
活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方を示します。
tele :「離れた場所」 + work:働く = telework の造語となります。

在宅勤務

自宅で勤務して、会社とはインターネット、パソコン、電話、
FAXなどで連絡をとりながら仕事をする働き方となります。


テレワークの一部に在宅勤務があります。
僕の仕事のスタイルは、在宅勤務となりますので、
次からは、在宅勤務に絞って記事を書いていきます。

在宅勤務を英語で?

在宅勤務を英語では、『work from home』となります。
自宅から会社の仕事をすることを示すため、FROMを使います。

例文)
I work from home today
今日は、在宅勤務をします。

My company reccommed that their employees work from home.
私の会社は、社員の在宅勤務を推奨しています。

一方で、『work at home』というと、異なる意味になります。
この表現を使うと、小説家やイラストレーターのように会社員ではなく
自営業者として自宅で働いているという意味になります。
BEST TEACHERのオンライン英会話でこの説明を聞いたときは、
なるほど!と思いました。
前置詞は奥が深い。
未だに適切な前置詞がうまく選択できずにいます。。。

メリット・デメリット

実際に在宅勤務をして感じたメリット・デメリットは次の通りです。

メリット

  • ストレスフリー(通勤からの開放)
  • 集中できる環境が作りやすい。

デメリット

  • コミュニケーションが取りづらいと感じる場合がある。
  • 雑談ができない。
  • 運動不足が気になる。

僕は、在宅勤務はメリットのが大きいと感じてます。
通勤からも開放され、周囲の目が気になって帰りにくいなと感じることも、
気が進まない飲み会が企画されることもありません。
デメリットはないとは言えませんが、今後試行錯誤していくことで
解消されていくのではないかと考えています。

英会話フレーズ

関連する英会話フレーズをいくつか挙げていきます。


I started working from home form the beginning of this year.
今年のはじめから在宅勤務をはじめました。

Working from hone has some merits, released from commuting,
focusing well, and so on.
在宅勤務は、通勤から開放されたり、より集中できたりといくつかメリットがあります。

However, there is some demerits as well. 
しかし、いくつかのデメリットもあります。

For example, we are difficult to take communication some times,
we cannot have small chat, I need to exercise, and so on.
例えば、コミュニケーションを時折取りにくいと感じるときもあったり、
雑談はできず、運動が必要と感じることなどがあります。

I think that working from home is better working style
since I feel that the merits is bigger compared to the demerit.
私は、在宅勤務のメリットのが大きいと感じるため、
在宅勤務はより良い働き方と考えています。

I hope that working from home will be a common working style.
在宅勤務が一般的な働き方になることを希望。

まとめ

今回は、『テレワーク・在宅勤務』の表現についてまとめました。
前置詞『FROM / AT』で意味の差が大きいことはビックリしましたが、
勉強になりました。
オンライン英会話の中で使えそうなフレーズ、
よく話す内容は記事にしていきます。

Thank you for reading my blog.
See you next article!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次